塩甕【1合】



1600年創業 13代目職人 加藤さんが丁寧につくる昔ながらの甕(かめ)

岐阜県多治見市で約400年続く窯元の職人である加藤さんの手によって、現代の暮らしになじむ甕が生み出されました。



加藤さんは、1600年創業の13代続く窯元の職人さんです。
400年以上たった今でも機械操作に頼らず一点一点を丁寧に手作業でつくられておられます。
一度に作れる数量には限りがありますが、一点一点に沢山の想いがこめられたとても貴重な加藤さんのモノつくりです。



お塩入れに最適な素焼きの甕



お塩が100グラムほど入れられます。
1合の甕は口の広さ深さが丁度良く、指先をスムーズに入れられます。
底の方に余ったお塩を取る際も、底まで指先が届くのでお塩を無駄なく使いきることができます。

お塩がサラサラ



加藤さんの甕の素材には珪藻土が含まれています。
珪藻土とは、湿気や水分などの湿度を調整する土と言われていて、お塩をサラリと保存できます。
また、塩分に強い陶器製ですので、安心して使っていただけます。

ストレスのない調味料入れ



片手で「蓋を取る」「お塩をつまむ」「お塩をすくう」の動作ができます。
蓋を取り、お塩を一つまみを取る。
このよくあるお料理の流れ動きがとてもスムーズに行え、お料理中に嫌なストレスがありません。



塩甕と一緒に使える塩匙もございます



塩甕にも入れてお使いいただける、小さじ1と小さじ1/2サイズの塩さじです。
調味料入れに納まりやすいように小さく、持ちやすい形をしています。



塩甕2合と塩さじ小さじ1



左から小さじ1/2小さじ1サイズです。



サイズ違いもございます



左から1合2合です。

1合はお塩が100グラムほど入れられます。
2合は横から見ると膨らんだカタチをしており、お塩がたっぷり200グラムほど入れられます。
お塩を沢山使われる方に、おすすめの大きさ→2合の商品ページのリンクはコチラ




素焼きならではの優しい雰囲気です



土の質感がそのままで、優しい雰囲気の仕上がりは素焼きならでは。
微妙な風合いは一点一点異なり、それぞれが一点もののような仕上がりになっています。
手作業ならではの風合いによる出逢いを、家族をお迎えするような気持で楽しんでいただけたら嬉しいです。



加藤さんのつくる塩甕

サイズ:高さ 蓋有り約8cm 
    幅 約9cm
重さ:約290グラム
容量:約180ミリリットル(お塩 約100〜120グラム程度)
素材:陶器


※使う前に中性洗剤を付けた、柔らかいスポンジや天然素材のタワシなどで洗って下さい。
※釉の処理がされていない、焼き物になります。
※梅干しやお漬物など、汁気の出るものを入れると、シミになることがあります。
 また、調理中の油跳ねなどによりシミができることがあります。
※色移りや匂い移りすることがありますので、お塩専用に使われることをお勧めしています。
※落としたり衝撃を与えると破損の原因になります。優しく丁寧にお取り扱いください。
※重さのある陶器製の容器です。食品を入れると重たくなります。安定した場所でご使用ください。
※手作業で生産される商品の為、一点一点風合いが異なります。
 手作業ならではの風合いとなりますので、ご了承くださいませ。


在庫数表示につきまして
実店舗でも販売しているため、ネットショップ内の在庫数量に差異が生じる場合がございます。
ご購入後、当店に在庫のない場合はお取り寄せ、もしくはキャンセル処理にて対応をさせていただきます。
なお、お取り寄せの場合、お時間をいただく場合がございます。

発送・梱包につきまして
ご注文を受けてから3日〜4日以内に発送いたします。
また、発送の際にはリサイクル段ボールを使用させていただく場合がございます。
尚、水曜日・木曜日は店舗定休日のため、発送・お問い合わせの回答が遅くなることがございます。
ご了承くださいませ。

sold out 表示の商品につきまして
実店舗に在庫がある場合がございます。下記リンクよりお問い合わせください。
お問い合わせリンク
販売価格 1,285円(税95円)

カテゴリーから探す

コンテンツ